about

 

まるで時間が止まったかのような、穏やかな谷あいの集落で出会った古い家。

二百年にもなる長い年月、人と自然の営みを見守ってきた大きな懐に抱かれると

どこか原点へ戻っていくような気がしました。

ここにいると私たちは自然の一部で、いのちは循環していくものだと感じます。

自然である私たちも動植物も、

すべてのものが自由で調和する世界は

きっと美しい。

 

そんな想いを描きながら、万物がつながり響きあえる場をつくれたらと

2017年4月に菜食のお店をはじめました。

 

プレムダンは、サンスクリット語で「愛の贈り物」という意味。

 

静けさの中で、思い思いに豊かな時間を

お過ごしいただければ嬉しく思います。