OLD house and the scenery

木々に囲まれた細い小道を下ると、なだらかに広がる谷あいの集落。

そこに残る築二百年の母屋では、鳥の鳴き声が聞こえたかと思えば、あとは静寂の中でゆるやかな時間が流れていきます。

草屋根に守られているこの家にいると、不思議と心が穏やかになり、なにげない野花の美しさに気づいたり、土に触れる時間が愛おしく感じてきます。

忘れたくない大切なこと、つなげていきたいかけがえのないものをこの土地に教わりながら暮らし、そこから生まれるもので、

みなさまに少しでもしあわせを感じていただければ幸いです。